単純接触の原理、回数は?恋愛で会えば会うほど惹かれる?

心理学用語の「単純接触の原理」というのは、
何回も顔を合わせている人に好感を持つという原理だそうです。

恋愛にこれを適用した場合は、
初対面よりも複数回会っている人に好感を持ちやすい・・・
つまり、好感をもたれるためにたくさん接触しよう!ということです。

でも「いったい何回くらい接触すれば好意をもってもらえるんだろう」
という質問があると思うのですが、一般的には10回が限度だそうです。

何回、何十回と会っていても「好感」は持ってもらえるけど
それ以上何も発展しない・・・というようなことがありますよね。

10回くらい会って特に恋愛感情に発展しない場合は、
たぶん「いい人だな」で終わっているか「興味がない」
ということになってしまうようです。

初めて会った人に興味がわかなくても、
数回会っている間に「もっと知りたいな」と思えることはあるはずです。

単純接触の原理は「会えば会うほどいいのか?」
その答えは、ノーなのかもしれません。

10回会っている間に何かしらの気持ちの変化があるとしたら
それはサインなのかもしれないですよね!

参考図書:

「なるほど!」とわかるマンガはじめての心理学 [ ゆうきゆう ]

価格:1,296円
(2015/12/1 10:48時点)


この記事へのコメント